目の下のたるみを美容整形で改善|気軽に受けられる施術メニュー

微笑む女性

整形で目元若々しく

笑顔の婦人

2種類の施術方法

気になる目の下のたるみを取るための手術には、2種類のものがあります。1つはメスを使う施術方法です。もう1つはメスを使わない施術方法です。各々はどのような特徴があるのかというと、メスを使う施術は次のような内容です。すなわち、目の下のたるみのもとになっている眼窩脂肪を切除するために、目の下あたりをメスで切開します。そうして、脂肪を取り除くと、たるみを確実に改善することができます。それでは、もう1つのメスを使わない施術方法の場合は、脱脂術といわれている手法です。これは、切開するのではなくまぶたの裏側から脂肪を取り出します。こうして目の下のたるみを改善するのです。このように、施術方法にも2種類あるというわけです。

多くの利点

メスを使う施術方法は非常に確実性が高いことから高い人気を博していますが、脱脂術の方も徐々に人気が上がってきています。それというのも、多くのメリットが脱脂術にはあるからです。まず効果が半永久的であることです。これは切開する施術と同じ効果です。しかしながら、脱脂術である場合はダウンタイムが非常に短いのです。肌へのダメージが少ないので、脂肪を取り除いた後も通常の生活を送ることができます。学校や会社にも普段どおり行くことができます。ちなみに、現在は脱脂術単独での治療よりもリポトランスファーをセットで行う場合が多いです。それは脂肪を取り除いて、万が一へこみが出来てしまったときに、そのへこみの部分に脂肪を注入するのです。そうすると、ふっくらとした感じになります。