目の下のたるみを美容整形で改善|気軽に受けられる施術メニュー

微笑む女性

クリニックでの治療のコツ

注射

レーザーを利用する注意点

美容整形で目の下のたるみを治療しようとするとレーザーのように強い光を利用することが一般的になります。その基本的な考え方として、温熱効果によって肌を作り上げている結合組織を壊してしまうという説明を受けることになるでしょう。肌の一部を壊してしまうという説明を受けると恐怖を覚えてしまう人もいますが、これが必要なことであるということは注意しなければなりません。目の下のたるみの原因は肌の組織が整然と並んでいない状況になってしまっているというのが大きな原因の一つとなっています。それを正しく並べ替えてつなぎとめるという過程を経ることで目の下のたるみを改善することが可能になるのです。その並び替えを可能にするために結合組織を壊す必要があります。

壊しただけでは不十分

美容整形で行われる目の下のたるみのレーザーを用いた治療では肌の結合組織を壊すことができますが、その後で整然と肌の細胞を並べてつなぎとめるということが必要になるということは知っておくべきでしょう。レーザーの効果によって血行も促進されることになるため、肌の細胞をつなぎとめるために必要な栄養や酸素も供給されやすくなります。しかし、必要な栄養をそもそも摂取していなかったらきれいな形で肌をつなぎとめることが難しいのです。そのため、美容整形で治療を行う少し前からコラーゲンやビタミン、ミネラルといった栄養を十分に補給していくということが大切になります。そうすることで受けた治療の効果をさらに高めることができるのです。